「お客さまの思い描いた理想」の就業規則の作成・変更

国が決めた法律(労働基準法 等)の範囲内であれば、社長は自由に会社内でのルールを決めていいことになっています。

せっかくですから、この際 まずは法律を気にせず、本当にお客さまの思い描いた理想のルールを作ってしまいましょう!

その後、法律に合わせるように調整するのが私の仕事です。

「お客さまの思い描いた理想」の就業規則のメリット

1.
社長がどんな風に従業員に働いて欲しいのかが明確になります。
従業員は、社長がどんな風に働いて欲しいのか、実は明確な目標・指示が欲しいのです。これをきちんと定めてあげることで、従業員が同じ方向に向いて仕事をすることができるようになります。
2.
法律にきちんと基づいていますから、従業員に見せても全く問題ありません。
就業規則は従業員の皆さんがいつでも見られるような状態にしておかなければきちんとした効力が発揮できません。でも、他の就業規則をコピーしたようなものでは、本当にこれで法律上問題ないのか自信がないから、結果的に従業員に見せなくなってしまいます。
そこで、私の出番です。私が法律上問題ないように作成しますので、その点での心配が無用になります。
3.
トラブルを未然に回避することができます。
たとえば、懲戒規定(これに関連する服務規律も含む)は、就業規則に どういうときに懲戒に該当するのか明記してないと、罰することができません。 それなのに、罰してしまったりすると 労使トラブルに発展してしまうかもしれません。
これはほんの一例ですが、これらの規定は「社長の思い描いた理想」の就業規則の作成・変更の中で回避できるよう規定の中に盛り込まれますので(私のほうで指南していきます)、トラブルを未然に防ぐことができます。

就業規則の改定について

わが国では少子高齢化の急速な発展などもあり、その時々の労働環境に応じて頻繁に労働法が改正されていってます。

あまり古い就業規則ですと、知らない間に改正になっていて、もう法律違反になっていた。なんてことも少なくありません。当然、トラブルの元です。

これを防ぐためにも、2~3年おきに、就業規則の改正(しなくていいときもあります)が必要であると思われます。